読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実際の脅威から目を背けている日本人

まずはこちら

http://www.sankei.com/smp/affairs/news/160827/afr1608270003-s1.html

 

中国が自国が主張している領海内に侵入した船舶に対し、罰則を強化して取り締まるという法律を制定しました。

 

 

彼らは1992年(わたしが1歳の時)領海法という法律を世界各国には何も通達せず独断で制定。

 

 

尖閣諸島一帯は勿論の事、南シナ海西沙諸島南沙諸島なども中国の海と化してしまいました。

 

 

勿論日米含めアジア諸国は抗議声明を出しましたが声明を聞き入れる国ではありません。

 

 

その後も台湾海峡尖閣諸島近海で領海侵犯を繰り返し続ける中国。

 

 

2010年9月には我が国の海洋巡視船に体当たりをする事案まで発生。

 

 

2013年にはレーダー照射もあり、今年も大量の中国船舶の領海侵犯が繰り返されるなど、文字通りやりたい放題の国家なのです。

 

 

こうした目の前の脅威に対しても我が国は圧倒的に無策です。

 

 

安倍政権は特定秘密保護法と日本版NSC、安全保障関連法案を通しましたがそれだけでは目の前の脅威には対抗出来ません。

 

 

米国や台湾、アジア地域の有志軍と協力して中国の脅威に対して毅然とした態度を見せることが一番の解決策です。

 

 

相変わらず日本国内で安全保障政策を語ると言われます。

 

 

「そうやって危機感を煽るからダメなんだ」「もしかしてあなたはネトウヨ?」「話し合えばいいんだよ。軍隊なんていらないんだよ」

 

 

わたしは決して危機感を煽ってはいませんし、ネトウヨでもありません(そもそも右翼でも保守でもありません)

軍隊を持て!戦争だ!なんて思ってません。

 

 

わたしが言いたいのは、現実的に起きている脅威から自衛隊が日本人の生命や財産などを守るために最低限必要な行動範囲と実働するための整備を整えよと申しておるのです。

 

 

なので憲法を改正しなくても出来ることはたくさんあります。

 

 

まず自衛隊法の改正や9条に自衛隊の明文化(改憲では無く加憲)

 

 

安倍政権がおこなった安全保障関連法案やまだ出来ていませんが、集団的自衛権行使の許可を容認出来るようにすることも憲法を改正せずとも可能です。

 

 

悲しいことに先程リンクを貼らせて頂いた(産経新聞様、記事お借りしました)ニュースは産経新聞以外ではあまり報じられておりません。

 

 

わたしは読売新聞ユーザーで、読売新聞を信じておりますが、載っていなかった印象です。(念の為後で読み直します)

 

 

テレビ番組を見ても天下の読売テレビは24時間テレビに浮かれておりまして、その他メディアも高畑氏騒動で大騒ぎです。

 

 

わたしからしますと、高畑淳子さんの息子が捕まったことを大騒ぎする方がよっぽど危機感を煽ってに入るのですが…(まあある意味危機感ですが…)

 

 

しかし…これほど中国が、北朝鮮が、海洋進出や軍備増長、核実験を進めている国際社会において日本のような経済大国が自国の安全保障を他国に負んぶに抱っこで任せていて他の国はどう思うのでしょうか。

 

 

日本は信頼出来ると思ってくれている国々すらも、ああなんだ、日本は頼りないなと見限ってしまわないでしょうか。

 

 

経済大国には経済大国のやるべき責任があると思います。

 

 

沖縄に基地があるのも地政学上、中国に対する最後の砦が沖縄基地という現実があるからです。

 

 

国際社会ではみんながそれぞれの宿命と役割を背負って、それを果たすことで平和を保っている。

 

 

日本人はいい加減に、グローバルスタンダードに追いつかなければならないのではないでしょうか。

 

 

それではこの辺で

 

 

御視聴有難う御座いました。

安倍政権、実はこれが一番の問題点!?とか思ったり思わなかったり。。。

大学時代とある国際政治専門家の講義で国際政治を学び、

 

 

だいぶ思想は違えど憲法学の教授から憲法の成り立ちを世界史を用いて学んできました。

 

 

その中で右翼左翼論も学びました。

 

 

ただ、最近の日本を見ているとどうもこの右翼左翼論がおかしくなっているのではないかと感じます。

 

 

わたしは実は安倍政権の誕生と安定が日本での広義的な右翼と左翼の意味合いをぶち壊してしまったのではないかと思っております。

 

 

安倍政権や安倍晋三内閣総理大臣が悪いのではなく、

安倍政権を、安倍さんを支持もしくは肯定的に捉えただけで右翼(主にネット右翼と言う呼び方)にされてしまう昨今。

 

 

わたしも知り合いとのお酒の席などで政治的な話題になるとネット右翼扱いを受けることがしばしばです。

 

 

しかしながら金融政策や安保法制、特定秘密保護法に賛成はしたものの、

アベノミクス第3の矢、徹底的な規制改革と減税政策から逃げている安倍政権をむしろ批判しているにも関わらずこの扱い。

 

 

本来の右翼とは天皇を神聖視し、絶対的な存在と捉え、日本文明の元に強い日本を目指すはずです。

 

 

なので(わたしは日本が生き残る上で必要な事だと思いますが)多少米国へ配慮して何かを行うなどの行為には反対するのが右翼です。

 

 

現にわたしが見た右翼系の言論人(西部邁氏、小林よしのり氏等)は安倍政権を対米従属だと非難しています。

 

 

ネット右翼で言えば都知事選にも出馬した在特会桜井誠会長も日韓合意やTPPで安倍政権を批判しました。

 

 

右派宗教政党幸福実現党も最近は安倍政権批判にシフトしています。

 

 

つまり右翼が安倍政権を支持し、安倍政権支持者は右翼(ネット右翼)という批判は現実的に嘘なのであります。

 

 

内閣支持率が思ったよりも下がらないことで左派リベラル陣営が中心となり、「日本は右傾化している」「若者の右傾化(ネット右翼化)だ」と危機感を募らせて(いるフリ?)いますが、どうぞご安心を。

 

 

わたしレベルの、天皇に対しても人並みの親近感しかなく、太平洋戦争を愚劣な侵略だと叩き、安倍政権も基本的にあまり支持してない人間ですらネット右翼扱いなんですから(むしろこの扱いなんとかしてくれよ!)

 

 

以上夜分遅く失礼致しました。

 

 

皆さんよいお盆休みをお過ごし下さい。

 

 

お仕事の皆様どうぞ日本経済の為と思って頑張って下さいませ。

 

 

来週再来週休みが取れましたら我々が遊んでいた分目一杯楽しんでくだされ。

 

 

それでは御休みなさい。

鳥越俊太郎氏都知事選出馬を受けて

特にありません。。。

 

 

東京はどうなっていくのでしょうか。。。

 

 

泡沫候補だらけの魔都東京。

 

 

戦前戦中帝都と呼ばれたこの街も

糸ようじ

 

 

小林製薬の糸ようじ

 

 

鳥越俊太郎(90)

 

 

戦後70年自称終戦時20歳の鳥越俊太郎氏は90歳。

 

 

鳥越俊太郎氏は糸ようじ

 

 

今日は日経MJしか呼んでいないので時事ネタが分かりません。

 

 

会社員なので最低限マーケット関連のニュースが分かってれば何とかなる精神の意識低い系です。

 

 

最後に一言。

 

 

鈴木まりこさん次は自民党から出馬してください。

 

 

おやすみなさいませ。

参議院選挙個人的感想

長かったようで短かった2016年夏の参議院選挙が昨日終了しましたね。

東京都民のわたくしも当日に投票を済ませて結果を見ておりました。

今回の選挙では個人的に思い入れのある議員さんが二人当選し、じっくり考えて心から活躍を祈って投票した方が残念ながら落選してしまう結果になりました。

思い入れのある方は比例代表で当選を果たしたおおさか維新の渡辺喜美

そして東京ブロックから初当選を果たした朝日健太郎氏です。

朝日健太郎氏はある日の仕事帰り、案件先の最寄駅で自ら歩いて演説をしていた場所でお会いしました。

元スポーツ選手らしい爽やかな笑顔とハキハキとした話し方、理路整然とした内容に政治家としてよりも営業パーソンとして見習わなければと思ったことを覚えています(笑)

もちろん政治家としても朝日氏のような若くてフレッシュな方が日本のスポーツ産業を盛り上げてくれることを元高校球児としては期待せずにはいられません。

後述する理由もあって朝日氏に投票しませんでしたが彼の当選を心から祝福すると共に自民党という安定的かつ基盤のある政党で思いの丈をぶつけてほしいです。

もうひとりの渡辺喜美氏。

わたくしが政治に興味を持つきっかけは彼の存在でした。

堕落する与党に批判しか出来ない野党

そんな中、渡辺氏は明確なビジョンを持ち、対案型の野党としてみんなの党を設立。

第一次安倍政権で国家公務員制度改革をおこなった功績そのままに新しい保守政党として戦う姿はレーガン大統領やサッチャー首相を彷彿とさせました。

彼の主張し続けてきた日銀法改正にも踏み込む大胆な金融政策、官僚機構や各利権団体と刺し違えてでも断行する構造改革

第二次安倍政権の原型はまさに渡辺喜美氏が作ったと言っても過言では無いかもしれません。

そんな渡辺氏も利権と保身に目が眩んだ身内に裏切られ、長らく冬の時代を過ごしていました。

政局よりも政策で、いいことは与党でも認めるフェアな姿勢は渡辺氏の勢いに乗っかっていただけの人達には目の上のコブだったのでしょう。

たったひとりになっても付いてきてくれる仲間を信じて戦う姿勢に比例代表は何の迷いもなく渡辺喜美と書き込みました。

テレビの前で復活当選を果たした一報を見た感動はしばらく鮮明にわたしの頭を駆け巡ることでしょう。

彼には是非とも時に経産省財務省に靡いてしまう安倍政権を叱咤激励して日本の企業が頑張れる社会、利権や巨大組織蔓延る中央集権の打開と日本経済が力を取り戻すために力になって頂きたいものです。

さて、こうした嬉しいニュースの裏に思い届かず敗れた方もおります。

民進党の良心とわたしが勝手に呼んでいた金子洋一氏。

安倍政権憎しで金融政策も財政政策も批判する民進党(民主党)の中で彼は「デフレ脱却のために金融政策は必要不可欠。批判だけではなく対案を示そう」と孤軍奮闘しておられました。

民進党の若い議員に少なからず野党議員としてのあるべき姿を見せて影響を与えたのでは無いかと思います。

しかし残念ながら野党逆風の中にあって彼も例外では無く、当選には至りませんでした。

東京ブロックから出馬された日本のこころを大切にする党鈴木まりこ氏も落選されてしまいました。

わたくしが支持基盤のある自民党から出た朝日健太郎氏をあえて投票せずに鈴木氏に投じたのは彼女が知名度の低い日こころから出馬したことと一般的な無関心層には知られていない点を危惧したからです。

日こころから出馬しているように政治的には保守本流

憲法改正拉致問題を強く訴えていたことはもちろんですが、

経済政策ではガチガチの右派的な中央集権政治では無く、同一労働同一賃金にも言及する規制改革など元経営コンサルタントらしい経営感覚とバランス感覚のある政策を打ち出していました。

わたくしも心の中では「あの政党は次世代時代タブー豚でありもしない在日特権ネタを使っていたし右に傾き過ぎでは?」と思っていましたが、彼女の訴えを見て「この人は政党に関係無く国会にいて頂きたい」と本気で考え投票させて頂きました。

結果は残念であったかもしれませんが、彼女を応援してよかったと思っております。

頭の悪いことが露呈する稚拙な文面を晒しておりますが、最後に全体を見てみます。

自民公明合わせて70議席、その他勢力含めると憲法改正に必要な3分の2を獲得しました。

日本国憲法の成り立ちは長くなるので書きませんが、戦後1度も改正されないばかりか安倍政権を除くとむしろ触れることすら憚られるような扱いをしていた憲法

わたくしは反対派も賛成派も含めてこうして議論になることが大切だと考えております。

個人的には9条に拘らず天皇条項の1条から国民的議論として話し合うことが正しい憲法改正への道なのだと思います。

現在の自民党改憲草案を見て憲法改正に反対する人もおります。

わたくしも今の改憲草案には反対する箇所が多くありますがあれは谷垣氏が代表時代の野党自民党下で作られた草案です。

安倍氏が総理として与党として挑む憲法改正ですから、総理も官房長官も言うように野党や国民も巻き込んでゼロから作り直すことは明らかです。

是非とも安倍総理には参議院選挙の大勝に浮かれず、今まで通り地に足の着いた政治をおこなってもらいつつ、

憲法改正の国民的議論を後押ししてほしいと切に願います。

長々と失礼致しました。

皆様今夜も良い夢を。。。