雑記

腐敗した組織に残る人間は、もともとそうではなくても一緒に腐敗する。

 

何でこの人こんな腐ったんだろうって人が目に付くところにたくさんいる。

 

人はいいんだけど、なんか臭うの。

 

前に書いた、組織の中でいかに安全地帯から吠えられるかっていう術が見に染みてくると人間は腐るのかなと思っています。

 

世の中から求められてないものを世の中に売ってこいと言われて、わーいやったー売るぞーって勇んで会社を出ていく奴を見て、こいつほんと頭沸いてんじゃないの?って思ってしまう。

 

その人が好きであれ嫌いであれ。

 

あと、今の仕事ではそこまで成績出してなくても、ああこの人こんな会社いないで○○業界で○○職やれば絶対に今の倍稼げるのに…って人もわりといる。

 

結局のところ、一度入ったら最後、あの手この手(時に金で釣り、時に煽てて褒め上げて、時に劣等感かんじさせるネガティヴキャンペーンを貼ったり)で辞めさせない、ザ・日系企業の頂点みたいなことを長年やってるから弊社はこうなんだろう。

 

俺なんて散々上司からネガティヴキャンペーン貼られてる。

 

こんなものを売らなくて転職出来ると思ってるの?とか、俺は君より社会人経験長いんだから云々カンカンとか、辞めた○○は勘違いが酷過ぎるとか。

 

うちの上司も昔はこんな人じゃなかったんだけど、腐敗した企業でプチ権力握ると、プチ腐敗が始まるらしい。

 

まあこの先、波風立てず大人しく過ごしてればいい身分の人と、これから結婚だの子育てだの家のローンだの車のローンだのとあれやこれやと考える人は身分も立場も違うのでね。

 

上司の腐敗ばかり責められないってもんですよ。

 

最近上司とぶつかることが多いから、腹癒せに思いっきり手抜いて仕事したり、朝っぱらからDODAの担当さんと長電話してたら遅刻したり。

 

何ならいっそのこと転職しちゃえばいいんだけど、環境のせいにして申し訳ないけど、環境がそんな感じじゃない。

 

さっさと見切りをつけて辞めていった同期達は賢かった。

こんな腐った組織にいたら当たり前の決断なんだけど。

 

本当にこのまま行くと人生崖っぷち。

 

最初に辞める奴、ホント一番おいしいと思うよ。

 

今なら何の肩書きもなく、何の責任感もなく、何の罪悪感もなく、何の心残りもなく辞められる。

 

まあ、こんな会社に心残りもクソもねえか。

 

だいたい金曜の23時に電話かけてきて、今から六本木こいとか言い出して、その中の一人は社長ってあるの?

 

バカなの?

バカだった。

 

学が無い奴ってコレだもん。

 

普段三木谷さん三木谷さん持ち上げるのに、三木谷社長は社員との飲み会では一次会しか出なくて、お前らあとはこれでやっとけーって札パンと投げて帰っていくのしらないの?

 

ほんと。

 

バカ。

 

大バカ。

 

低脳無能。

 

ちなみに夏にこの会社辞める方向で動いてるので皆様よろしくお願いします。

仕事・学歴・人生その他混ぜこぜ…

とりあえずやりたいことを書き出す。

やりたいことに順番をつける。

上からひとつひとつ「これに関してはどうすれば解決して次に進めるか」を考える。

さらに細分化して枝分けする。

実行する。

 

やりたいことをやるべきことに置き換えてもできるんではないか。

 

実施している口ぶりで書いているが、
書いている本人が出来ていないので説得力は皆無なのだが…。

 

私の場合は、出来ていないのではなくやってないだけなのかも分からない。

 

物事はやるか、やらないかの二択でしかない。

 

やらない人は自分もそうだから分かるけど、
やらなくていい理由を無意識に探す。

 

だって時間がない。
だってそういう指示だから。
だって自分には無理だから。

 

会社やら上司先輩は神様ではない。
学校やら先生先輩は神様ではない。

 

指示する者と従う者。

指示されるのが嫌なら指示する側に回るしかない。

 

人は学歴じゃないよ。
人間性だよ。
個性が大事だよ。
周りと同じでいようね。

 

指示する側は、自分に都合の悪い芽は潰したいからこうやって従う者を無能にする。

綺麗事や美辞麗句を並べ立てて指示待ち人間を形成する。

 

学歴じゃないのはわかるが、学歴のある人は一部を除いてやっぱりそれなり以上の努力をしている。

 

東大の何が偉いんだ!
という人は、
東大どころか大学も出ていない。

 

私のように学業からドロップアウト組かそもそも大学行っていないか。

 

東大法学部を出て中央官庁や大企業、はたまた大手外資系企業に入り、文字通りエリート街道を進んでいく人々を叩きがちだ。

 

確かにいろいろと言いたいことはある。
でも彼等だって全員が裏口やらコネ入社なわけではない。

 

馬鹿が歌舞伎町の夜の街でギャーギャー騒ぎながら小汚い何処の馬の骨かも分からないオンナと情事に身を委ねていた頃、
彼等は猛烈に勉強した。

 

今に見ていろ。
お前は俺をガリ勉、オタク、真面目人間とバカにしていたな。
俺がお前らを従わせてやる。

 

そういう意味ではエリート官僚になってどこかの大学やシンクタンクや大企業の取締役に天下っていくあの人や、
マル暴すら操って不正を働き私服を肥やす検察官僚は全て悪なわけではない。

 

いかに瞬発的な努力ができて、
集中力があるか。

 

東大法学部に入るための数年間。
東大法学部を出るための4年間。
エリート官僚になるまでの10数年間。

ゴールを逆算して努力し続けたから今がある。

 

結局世の中は使う者と使われる者の二択でしかない。

 

会社や学校もそう。

現段階でいきなり変わるのは無理でも、
変わる努力は誰でも出来る。

 

勉強が嫌だなぁと思ったら、
国語数学物理云々ではなく、勉強そのものの行為に価値を見出せるか。

 

勉強をする→集中力が鍛えられる→脳が活性化する→物事を瞬時に判断し、最良の選択が出来て、合理的に物事を解決して、アイデアが膨らむ。

 

今の仕事が嫌ならば辞めればいいのだが、
そうはいかない方なら、
今の業務をいかに結果に結び付けるか→そのために逆算していつまでに何をしなければいけないのか→その何をするためには今現段階で何が必要なのか→分からないことはどの部門の誰に聞けばいいのか。

 

そしてとにかく人と会う。
営業なら顧客。
営業じゃないからそんなに人と会えないっていう人は、
異業種交流会でもいい。
学生時代の友人や恩師でもいい。
何なら、今まで交流のなかった知り合いでもいいのだ。

 

そしてとにかく聞きまくる。

恥を捨て、プライドを捨て、否定を捨ててスポンジのように聞く。いや聴く。

 

頭の中は常に「私の業務、私の仕事、私の授業、私の学校ならこのパターンはこうかな」と自分に当てはめて聴く。

 

やるべきことが完璧になれば出来ることの幅が増える。
出来ることの幅が広がればやりたいことがポンポン出てくる。

やりたいことが出来ることになるまでまたゼロからやり直す。

 

人生と一緒。
やり直せる。

 

柄にもなく意識高くて明るい話題。
躁鬱の躁状態なのかもしれない。

 

でも何でもいい。

ただ、言いたかっただけだから。

おやすみなさい。